書いて伝える事で上手くいく事に気がつきました。

2018-03-20

 

 

 

 

 

結婚して26年。数年前、主人がコミュニケーションが取れない理由がきちんとわかる機会があり私と長女は対処法を色々調べました。その対処法を試してもなかなか一筋縄でいかない事がありました。主人は何回も同じ事を聞いてくるのです。

 

スポンサーリンク

伝えたのに伝わらないという現象

以前から主人とのトラブルの原因の一つに「伝えたのに伝わらない」と言う事がありました。

 

何か病気の始まりなのかと色々心配もしましたが、伝わる場合もあったのでこれはなんなんだろう?とずっとやきもきしていました。

そこで伝わっている事はなんなのか観察してみたところ「主人自身に関係する事は伝わる」と言う事に気がつきました。

簡単に言えば自分に興味がない事は忘れてしまうのでしょう。

 

毎回同じ質問、それに対して私や家族は「毎回同じ事を聞かないで!」っと言う交わらない会話が頻繁でした。考えてみたら会話でもないですよね。

主人にしてみた提案

そこで、まずは主人に提案しました「忘れるならメモをしてみたら?」と。でも返事は空返事です。それもそうでしょう、自分に興味が無い、もしくは自分が覚える必要の事じゃないのでこの提案は失敗に終わりました。

ふと思いついた改善の行動

私も意固地になっていて「どうしてわからないの?」とイライラするばかりでした。

 

お互いの仕事の都合で起きる時間が違う主人に朝は貴方が出かける時間には起きるので電気はつけて置いて欲しいと夜に伝えても、毎朝

 

「電気つけとく?暖房は?テレビはどうする?」

 

と寝ている私に毎朝声をかけてくる事にもう話もしたくなく、寝る前にふとメモを残してみました。

 

「電気、テレビはつけてて」と何かの封書の空白にメモ程度を書いてテーブルに置いてみました。

 

翌朝、主人が出かけしたくをしている時に部屋に入るとテレビ、電気が付いていました。その時の伝わった?と言うか意思疎通ができた事はとても嬉しかったです!

 

すぐに、色画用紙にきちんとメモを書きなおしました。朝の時間、お互いの過ごし方のパターンがいくつかありましたので色々予測して数パターンほどメモも用意しました。

 

それから、毎朝同じ質問で声をかけてくる事は改善されました。今は主人も私も自分のリズムで朝の時間をイライラする事なく過ごせています。

スポンサーリンク

Posted by クフコ