【2018年父の日】毎年同じプレゼントに迷う時に考える定番商品以外3選!

2018-05-07

父の日のイラスト

こんばんは!

母の日が終わったら、6月は父の日がありますね!

毎年同じようなプレゼントになってしまうなぁ?今年は何をプレゼントしようか?と迷ってる方に父の日の定番商品以外のギフト(贈り物)を考えてみました(^^)

実際私も数年に1回は取り入れてます♪

スポンサーリンク

プレゼントに迷ったあなたに提案・定番商品以外の贈り物3選とその理由

①お父さんの好きな食べ物を購入する

なかなか上手にプレゼントを選べなかったり、趣味がわからなかったり、アルコールを控えていたりしていても、食材なら少しは好みがわかると思います。

わからなくても身近な家族に聞いてみたら結構簡単にお父さんの好きなものを知ることができるのも食べ物だと思います。

牛の部位イラスト

普段お肉が好きならステーキ肉、お魚が好きならお刺身盛り、フルーツが好きならちょっと食べたこのないフルーツなど・・・子供から自分の好きな食べ物を知ってもらえてる事はとても嬉しいものです。

また、何も高いもの珍しいものを買わなくても予算に応じて自分のできる範囲で考える事もできると思います。

スポンサーリンク

②お父さんの為に食事を作る

食材は家族の用意してもらってもいいのでお父さんの為に料理を作る」のも嬉しいプレゼントになります。

お父さんの為に料理を作るなんて、よくTVコマーシャルで子供がするプレゼントのように思うかもしれませんが「お父さんの為に料理を作る!」と言う行動が歳関係なくできるプレゼントだと思います。

オムライスのイラスト

ここ数年の父の日調べでは「何も物はいらないから一緒に過ごしたい」や「手作りの物が欲しい」なども上位に入っていますので、料理を作る事で手作りの物をプレゼントできて一緒にも過ごせると言うお父さんにはダブルに嬉しいプレゼントになります。

③顔を出すことができるなら顔を出す・ひとことメッセージを送る(電話する)

世間が「父の日」でにぎわってる時、昼になり、夜になり・・・何も連絡がないと言う事がとても寂しい気持ちになると言う事です。

私も親として思うのは何もいらないから「元気な声を聞く」さらに「一言でもメッセージがもらえる」とそれが嬉しいプレゼントです。

「元気で良かった」「連絡が久しぶりにきて安心した」「普段家でしゃべらないけど父の日覚えていたんだな」と嬉しい気持ちになります。

品物のプレゼントもいいですが、気持ちもプレゼントになります。

父の日イラスト親子

ちなみに2018年プレゼント定番商品と商品のちょっとした解説付き

★ポロシャツ

襟がある事でラフになりすぎず、でもかしこまる事もなく普段着で洒落を楽しめ、また定番商品と言う事で買いやすいですね。

★靴下

靴下は一番買いやすいのではないでしょうか?ただ、どんな靴下を買えばよいのか悩みますよね。

もし、普段スーツ着るお父さんにビジネスシューズにあう靴下を買う時は「スーツ専門店(洋服の青山・スーツのAOKIなど)」で購入がおすすめです。

スーツ店だからこそわかるビジネスシューズ

にあう靴下販売されていて、わからなければおすすめを教えてもらう事もできます。

★ネクタイ

ネクタイのイラスト

靴下と同様、スーツ店、デパート、身近なスーパーにもあります。お小遣いの範囲でスーパーでも買えるネクタイもあるので私も学生の頃は父にネクタイをプレゼントしていました。

★Tシャツ

Tシャツは、ポロシャツよりもっとラフに取り入れる事のできるファッション種類もデザインも豊富で買い求めやすいです。

素材もコットン・ポリエステルなど色々ありまた肌触りが違います。今は肌触りにこだわっていたり、吸汗、速乾性、UVカット、体温調節など高機能のTシャツもあります。

用途に合わせてビジネスから自宅用まで考えると選べる選択が増えます。

上記の商品以外の定番商品

  • 財布
  • バッグ
  • 腕時計
  • ワイシャツ
  • ベルト
  • 観葉植物
  • ミニ盆栽

この中で気になったのは「ミニ盆栽」です。

 

最後に、こんなプレゼントもいかがですか?

私個人の話しになってしまうのですが、2年前の母の日と父の日一緒にと言う事でおそろいの「湯呑」と「お箸」をもらいました。

湯呑とお箸は、普段使いで使用しています。息子にしてはよく考えたなと思いました。

プレゼントなんてそれまでは何ももらった事はなく、また、このプレゼント以降、品物のプレゼントはありません(^^)

でも!でも!品物と言う形で、または、行動でも感謝の気持ちを伝える事ができるなら、それがわかりやすい感謝の伝え方だと思います(^^)

それでは、最後まで読んでいただきましてありがとうございます!

スポンサーリンク

Posted by クフコ