40代最後のダイエットになった私のダイエットはこの方法!

2018-06-08

体重計に乗る女の子のイラスト

こんばんは♪

最近急に暑くなり食欲も低下気味のクフコです。

メイクをきちんとするようになったら、服の着こなしも気になりだしました。洋服を手にとってイメージしている時はウキウキ!でも試着室に入って鏡に映った自分を見て

なんだか違う・・(・_・)

そんな現実に戻された私が行った最後のダイエットを紹介します♪

 

20代と30代、40代ではやっぱり違う体重の落ち方

 

2017年4月時点の体重「身長152センチ、体重は52キロ、体脂肪29%」

 

今の私は「体重44キロ、体脂肪23%」です!この1年かけて8キロの減量をしました。

 

25歳(現在46歳)で2人目を出産後から体重が増えだした20代の頃は、ちょっと食事を工夫したりコントロールしたり、ウォーキングを1か月も続ければ3キロぐらいは減らす事ができていたんですよね。

 

でも、30代に入ると「最近前ほど減らないなぁ」となり40代に入ると色々なダイエットにチャレンジしても「まったくどうにもならない!」微動だにしない体重と体系に愕然としました。

 

スポンサーリンク
 

私は白いご飯が大好物!だからこそのダイエット方法!

 

皆様は白米好きですか?

 

私は「大好き!!」です!

ちょっとオーバーに言えば、普通サイズの唐揚げ1個でごはん2杯!は食べれます(^^)

ごはん好きなので「美味しいお米の塩おにぎりとか最高!!に大好きです!」

 

私「も」今まで色々なダイエットを試みました。(きっとこの記事にたどり着いた方も同じ悩みだと・・)

 

でも、1日1食や、同じものを食べるなど何かに偏ったダイエットは「身体にも悪いですが、心にも悪い」でした。

そして、カロリー計算も面倒だし、運動を毎日するも続かない

そんな時にインターネットで色々検索しながらピン!ときたのが

 

「ゆるゆる糖質制限」

 

なぜピン!と来たのかと言うと「私が大の白米好き」だからです!

 

私は「ご飯が太りやすい」のは知っていました。

でも、なぜご飯が太りやすのか?はわかりませんでしたが、そこで目に止めたのが「ボディービルダーの方のブログで紹介されていた食事内容と知識」でした。

そのブログで「ご飯」=「糖質」=「太りやす」を知ることになったのです。

 

 

私が行った「ゆるゆる糖質制限」の1日の食事の流れ

 

「糖質はいろんな食材に含まれていて、また含まれていない食材もある」事を知りました。

そこで実際に「糖質の含まれているものを食べない」を完全糖質制限を3日実行してみました。

結果「3日で400g減りました」

今までびくともしなかったのです!数百グラムだけど「3日で400g!!」なんて、もうステップ踏みながら喜びました!

「もしかしたら1か月続けたらどうなる?」と思い、1日の食事の流れを考えて実行しました!

注意)完全な糖質制限は体に悪いです!!私は完全な糖質制限は3日しか行っていません!

 

その食事内容の流れです!

「ゆるゆる糖質制限!」(1日の糖質の合計を150g以内にしました。参考・・ごはん150gの糖質量は約55グラム)

 

朝食(私は7時から8時の間)

「飲み物類、バナナ、ヨーグルト、プレーンなビスケット1枚~2枚」の朝食セット

か「単品でバナナやヨーグルト、ビスケット」など日によってまちまちですが、朝食は抜きませんでした。

 

昼食(なるべく2時までに。昼食で大好きな白ご飯(炭水化物)を食べる事にしていました)

ご飯1膳(子供用のご飯茶碗に100グラム)

プラス「おかずとして肉、魚類、卵類、豆腐」

又は

食パン2分の1枚

プラス「チーズ、やおかずとして肉類、魚類、卵類」

 

間食(夕方までの間にどれか1個・・食べ無くてもいいかもしれませんが私は食べてました)

チーズ、小さなプリン、カップヨーグルト、ローソンの糖質のおやつ類、糖質に配慮しているアイスクリーム、おでんの卵やこんにゃく類、がっつり唐揚げ、ただの炭酸水(砂糖の入ってないもの)、アーモンドなどのナッツ類

×ホットドッグ、フライドポテト!!は実施中は食べない!と決めてました。でも、ゆるゆるなので食べてもいい時期を作ります♪また後程!

 

夕食(20時までに食べるようにしました)

おかずメイン(肉類・魚類・卵、野菜(葉物類)、豆腐)やスープやお味噌汁

ただし!大根などの根菜類は糖質が含まれています!なので控えます。

でも、全く使用しない訳でなく「食べる時には少量、目安は市販のお弁当についている煮物の量ぐらいを目安に」です。

揚げ物も食べました。気を付けたのは、ご飯が欲しくなるおかずにしない事です。

あと、最近よく言われている「サラダから食べる」です。

 

糖質の量を「1日150」としている、1日の食事の流れなのですが・・・

1週間のうちに何も気にせず普通に食事をとる日を2日取りました。

なので、「糖質摂取量を考えて食べるのは続けて5日間だけ!」です!

また、筋肉が痩せないように自重の簡単筋トレは1週間に数回1分ほどしました。

体重計に毎日乗り、冷蔵庫に貼ってるカレンダーに記録していきました。

 

糖質摂取量を考える時は食材の成分表の裏に記載されていますので、それを単純に+するだけです。

成分表の写真

下から2番目に「炭水化物:0g(糖類:0g)」とあります。

炭水化物=糖類です。

中には「糖質」と書かれてる時もありますし、「糖質の記載がない」時もあります。

その時には「炭水化物から食物繊維を引いた数字が糖質の量です」

買い物の時に成分表示を見る癖をつけたら、自然と何を食べて、何を食べないのかがわかります。

そして、お肉類(タンパク質)には糖質が含まれませんから、食べてもOKなのです。

 

ただ!!!!「お肉ならいくら食べても大丈夫~と言って食べていたら太ります!」

同じく、間食も同じです。

 

逆に極端に食事量を少なくしたり、糖質を完全に抜くのは絶対に×です!

 

お腹が空くダイエットはストレスがたまり反動で食べてしまいますから、お味噌汁を飲んだりしてお腹を満たしてください!

 

私も1年かけてマイナス8キロになりましたから!

 

ゆっくり、焦らずが成功の近道です!

読んで頂きましてありがとうございます!

Posted by クフコ